SUUMO売却査定の口コミ・評判!不動産一括査定の注意点や匿名も可能か解説! 

本ページはプロモーションが含まれています

<当記事で紹介しているサービスには一部また全部に広告を利用しています>

不動産を売却する際には不動産一括査定がおすすめ

なぜなら一括査定サイトは複数の不動産会社に同タイミングで依頼することができ、費用もかからないことから効率良く不動産の売却価格を調べることができるからです。

その中でもSUUMOの売却査定サイトは大手リクルートが運営していることから多くの人が利用しています。

そこで、この記事ではSUUMO売却査定の口コミや評判、利用する際の注意点について解説します。

簡単60秒で今すぐ無料査定!

目次

SUUMO売却査定とは?


画像提供元/SUUMO売却査定

SUUMOは株式会社リクルートホールディングスが運営しているサイトで、SUUMO売却査定は同サイトの1ページとなります。

不動産賃貸や購入のユーザーが多く、それだけに「不動産といえばSUUMO」というイメージが定着しているといえるでしょう。

そのため、大手が運営しているという点だけでなくCMやSNSでよく見かけるという点も大きな安心感となっています。

このように、不動産の売却が初めてのオーナーであっても安心して任せられるのが、SUUMO売却査定の大きな特徴です。

エリアからも査定依頼が可能


画像提供元/SUUMO売却査定

SUUMO売却依頼は他の査定サイトと違い、エリアから査定依頼をすることが可能です。

査定を依頼する場合は通常、査定依頼者の住所を入力する必要がありますが、SUUMO売却査定は査定地だけの入力だけで依頼することができます。

また、郵便番号が分かっている場合は自動入力してくれる点も大きな特徴といえるでしょう。

入力の進め方がチャット方式で分かりやすい

SUUMO売却査定では査定情報の入力がチャット方式となっており、不動産売却に不慣れなオーナーでも簡単に入力することができます。

また、土地面積や建物面積が正確に分からない場合でも、おおよその面積を入力することで査定が可能です。

このように誰でも分かりやすい仕組みを取り入れる点は、賃貸や購入のユーザーを多くストックしているSUUMOならではといえるでしょう。

SUUMO売却査定は匿名で利用できる?

結論からいうと、匿名でSUUMO売却査定を利用することはおすすめできません。

不動産会社は不動産所有者を調べることができ、所有者と名前が違うと代理人であることを疑います。

また、家族や親族が代理人である場合は問題ありませんが、売却理由などのヒアリングをする過程で「匿名」であることは不動産会社にバレるでしょう。

この場合、不動産会社からは冷やかしだと勘違いされ、最悪の場合査定額が提示されないこともあります。

このようなことにならないためにも、査定をする際には必ず「実名」で依頼しましょう。

簡単60秒で今すぐ無料査定!

SUUMO売却査定の口コミ・評判

SUUMO売却依頼に関する口コミと評判は次のようになります。

実際に利用したユーザーの感想は非常に役立つ情報となるため、どのような口コミがあるのかを押さえましょう。

回答必須項目が少ない

こちらの投稿は不動産会社のようです。

「追客」とは定期的に査定依頼者へ連絡する営業のことですが、電話番号が必須ではないためメールで追客できるのかという点をツイートしています。

このように、SUUMO売却依頼は他の査定サイトでは入力必須となっている項目も任意項目となるため、入力完了までの時間が短くなります。

また、知らない電話番号から電話がかかってくることを不安に感じる場合はメールアドレスのみの入力で依頼できるため、なるべく個人情報を公開したくない人におすすめのサイトといえるでしょう。

大手不動産ポータルサイトとしての安心感

こちらのツイートでは高値で売却するために不動産一括査定サイトを使うべきという内容の投稿となっていますが、その中にSUUMO売却査定があります。

一緒に紹介されているサイトは、NTTグループが運営していたり月間2万人以上が利用する有名サイトばかりです。

このことからも、不動産の査定額を調べる際にはSUUMO売却依頼を検討にいれておくのがよいでしょう。

簡単60秒で今すぐ無料査定!

SUUMO売却査定の口コミ・評判から分かったメリット

SUUMO売却査定に関する口コミ・評判は前述したツイート以外にも多くありました。

そこで、この章では口コミ・評判から分かるSUUMO売却査定を利用することのメリットについて解説します。

電話番号の入力が必須ではない

不動産査定サイトを利用する場合、多くのサイトでは電話番号の入力が必須となります。

電話番号を入力することでスピーディーに不動産会社からの連絡を受けることができますが、その一方でしつこい営業を受けることもあります。

その点、SUUMO売却査定は電話番号もしくはメールアドレスのどちらかを入力すれば次のステップに進むことができるため、都合の良い連絡手段を選択することが可能です。

つまり、SUUMO売却査定を選ぶことでメールだけの対応とできるため、プライバシーをより強固に守ることができるでしょう。

エリアによっては最大10社まで査定依頼可能

通常の不動産査定サイトでは1度の依頼で4~5社が平均ですが、SUUMO売却査定ではエリアによっては最大10社に同時依頼することができます。

また、表示された不動産会社を選択し依頼することも可能です。

このように、SUUMO売却査定を利用することでより多くの不動産会社に査定依頼をすることができ、会社選定で失敗する可能性が低くなるといえます。

売却事例や会社詳細を把握できる


画像提供元/SUUMO売却査定

SUUMO売却査定にしかない最大の特徴として、各会社の売却事例や会社詳細を閲覧して決めることができるという点があります。

査定地と依頼者の情報を入力後に会社選択の画面になりますが、会社の右側に「〇〇市の売却実績」という項目を確認することができます。

この項目は選択した不動産種別とエリアの売却事例を不動産会社が入力することで表示される仕組みとなっており、売却実績数が多い会社ほど上位表示されます。

つまり、会社を選択する場面で最上位表示の会社に選択のチェックを入れるだけでエリアに強い会社を選択できることになるでしょう。

この仕組みがSUUMO売却査定にはあるため、全ての不動産会社を調べる手間を減らすことが可能となります。

売却相場を調べることができる

SUUMOには過去の成約事例に基づいた膨大なデータベースがあるため、不動産会社に問い合わせをしなくともある程度の査定額であれば自分で調べることが可能です。

SUUMO売却査定のトップページ下段に「売却価格相場を探す」という欄があり、知りたい種別とエリアを入力するだけで価格相場を調べることができます。

そのため、不動産会社から連絡を受けずとにかく簡易的に査定額を知りたい人におすすめの機能といえるでしょう。

ただし、不動産は物件ごとの要因が色濃く売却額に反映されるため、単純に相場だけで不動産が売れる額を算出することは難しいです。

たとえば同じ築年数、建物面積、土地面積、エリアの中古戸建てがあったとしても、外観や内観の状態によって査定額は大きく変わります。

つまり、売却相場を調べる際にはあくまで参考価格とし、実際に売却をする際には必ず査定の依頼をしましょう。

簡単60秒で今すぐ無料査定!

SUUMO売却査定の口コミ・評判から分かったデメリット

SUUMO売却査定の口コミ・評判には良い内容だけでなく、悪い内容もあります。

そして、悪い内容からはSUUMO売却査定を利用することのデメリットが見えてきます。

そこで、この章では口コミ・評判から分かるSUUMO売却査定のデメリットについて解説します。

物件種別が3種類のみ

たとえば同じ不動産一括査定サイトのイエウールでは査定できる不動産種別は10種類、イエイは12種類から選択することができます。

それに対しSUUMO売却査定は「マンション」「一戸建て」「土地」の3種類しかありません。

そのため、一戸の区分マンションと一棟マンション、工場と戸建て、田畑と宅地が全て3種類の中にまとめられてしまいオーナーが不動産会社に説明する手間が増えてしまいます。

このことから、工場や田畑といった特殊な物件の売却には向いていないサイトだといえるでしょう。

地方すぎると対応不動産が見つからない

離島や限界集落などは不動産会社にとって収益が少ないため、対応していないことがあります。

また、地方以外にも極端に小さな土地や区域外の田畑なども同様に売却できないという理由で断られることも多いです。

ただし、このデメリットはSUUMO売却査定だけでなく他の不動産サイトにも同じデメリットとなります。

そのため、まずは売却しようとしている不動産がどのようなエリアにあるのかを確認しましょう。

簡単60秒で今すぐ無料査定!

SUUMO売却査定を利用する流れ

この章では実際にSUUMO売却査定を利用する際の具体的な流れについて、解説します。

他のサイトよりも入力項目が少なくチャット方式で進めることができるため、次の3ステップを押さえておくだけでスムーズに査定依頼をすることができます。

使い方①:不動産種別とエリアを選択する


画像提供元/SUUMO売却査定

まずSUUMO売却査定のトップページで不動産種別とエリアを選択しましょう。

不動産種別は「マンション」「一戸建て」「土地」の3種類から選択し、エリアは町名まで入力します。

ただし、郵便番号が分かっている場合は郵便番号を入力することで町名まで自動的に入力することが可能です。

使い方②:物件の詳細情報と連絡先を記入する


画像提供元/SUUMO売却査定

画像提供元/SUUMO売却査定

次のページに進むとチャット方式で情報入力を進めることができます。

このページでは物件の詳細地番と建物面積、土地面積、築年数を入力します。

これらの情報は正確な内容ではなくとも問題ありませんので、おおまかな数字であっても入力しましょう。

また、電話番号とメールアドレスを入力する欄もありますが、どちらか片方だけの入力でも問題ありません。

そのため、連絡をもらいたい方の連絡手段を入力しましょう。

そして、最下段には「机上査定」と「訪問査定」を選択するチェック欄があります。


画像提供元/SUUMO売却査定

机上査定とは不動産会社の担当者が査定地に行かず、Googleマップや成約事例、路線価を使って査定する方法です。

スピーディーに査定額が提示される一方、細かい部分が精査されていないため概算の査定額となる特徴があります。

一方、訪問査定は実際に担当者が現地訪問し、より精度の高い査定額を提示します。

また、このタイミングで売却プランや税金関連を含めた手残り額についても提案してもらえるため、具体的に売却するタイミングであれば訪問査定がおすすめです。

このように、それぞれの特性を踏まえた上で選択しましょう。

使い方③:不動産会社を選ぶ


画像提供元/SUUMO売却査定

最後のページでは不動産会社を選ぶことになりますが、表示された全ての会社を選び依頼することも可能です。

不動産会社は売却実績が多い順に上位表示され、実績が同じである場合は売却スタッフ数が多い会社が上位表示されます。

つまり、そのエリアと不動産種別においてより実績が多く、スタッフが多い不動産会社ほど上位表示となります。

このような仕組みがあるため、不動産会社が多く表示され悩んだ場合は上位3社だけを選択しても大きな失敗とはならないでしょう。

簡単60秒で今すぐ無料査定!

SUUMO売却査定含むおすすめ不動産一括査定サイト

不動産一括査定サイトにはSUUMO売却査定以外にも多くあり、代表的なサイトは以下の通りです。

サイト名 特徴
HOME4U 運営会社はNTTグループ。登録する不動産会社は選別され、認定された会社のみが登録されている。
すまいValue 運営会社は財別系の大手6社。大手に依頼する安心感を得たい人にはおすすめのサイト。
SUUMO売却査定 運営会社はリクルート。売却実績の閲覧や同時査定依頼社数が最大10社など、独自の特徴がある。
イエウール 登録不動産業者2000社以上、月間利用ユーザー数2万人以上と査定サイトの中でもトップレベルの利用者となる。
おうちクラベル 運営会社はソニーグループ。HP上でAI査定が可能で、不動産会社に依頼することなく査定額の確認が可能。
ライフルホームズ 不動産会社に査定前にその不動産会社の情報が確認でき、不動産会社の品質監査を実施しているという特徴もある。
リビンマッチ チャット方式で入力が可能なため、PCが苦手なオーナーでもストレスなく査定の依頼をすることができる。
ReGuide HP上で口コミを確認することができ、利用者の口コミを確認して利用するかどうかを決めることができる。
マンションナビ マンションに特化した査定サイトで、売却する不動産がマンションである場合はおすすめのサイト。

上位ランキングによるとSUUMO売却査定は3番目に記載となっていますが、1・2番目、そして1つ下の4番目にランクインしているサービスについても気になる所です。

そこで、この章ではHOME4U、すまいValue、イエウールについて特徴を解説します。

HOME4U


画像提供元/HOME4U

HOME4Uには2つの大きな特徴があり、1つはNTTグループが直接運営しているという点です。

そのため、SUUMO売却査定と同じように大手が運営するという安心感があり、不動産を売却する際の不安を減らしてくれます。

また、もう1つの特徴として不動産会社を厳選しているという点があります。

全ての不動産会社が売却に対してノウハウを持っているわけではなく、場合によっては対応が良くない不動産会社を紹介されるケースもあります。

その点、HOME4Uは登録する不動産会社の取引情報や行政指導の有無、規模などを調査し審査を通過した会社だけを登録するようにしています。

つまり、HOME4Uを利用することで信頼できない不動産会社に依頼してしまうというリスクを減らすことができるでしょう。

簡単30秒で今すぐ査定!

すまいValue


画像提供元/すまいValue

すまいValueは「野村の仲介」「小田急不動産」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「住友不動産販売」の6社によって運営されています。

つまり、すまいValueを利用すると必ず大手不動産会社に依頼することになり、大手ならではの売却提案を受けることができるでしょう。

通常の売却が難しい物件であっても全国に支店がある大手であればノウハウが共有化されており、地方の不動産会社では不可能な解決策を提示してくれるケースもあります。

そのため、大手に依頼し安心して売却を進めたい人に向いているサイトといえるでしょう。

安心と実績の大手6社が査定!

イエウール


画像提供元/イエウール

イエウールは不動産査定サイトの中でトップレベルに利用者が多いという特徴がありますが、他のサイトでは扱えないような僻地でも対応してくれるサイトです。

これは不動産会社の登録数が他のサイトよりも多いため実現できる仕組みとなっており、地方で売れにくい不動産を保有している場合はイエウールを検討に入れることをおすすめします。

年間20万円以上のサポート実績!

SUUMO売却査定まとめ

この記事ではSUUMO売却査定の特徴について解説しました。

SUUMO売却査定は匿名での査定はおすすめでないもののメールアドレスだけで依頼することができ、他のサイトよりも安心して依頼することができます。

また、依頼する不動産会社の実績数を事前に確認できる点も大きな安心材料となるでしょう。

不動産の売却を成功させるためには、信頼し任せられる不動産会社と出会うことがポイントです。

そのため、売却を検討する際にはまずSUUMO売却査定を利用し、不動産会社を選ぶところからスタートしましょう。

簡単60秒で今すぐ無料査定!

目次