マンション査定におすすめなサイト8選!匿名査定が可能なサイトや利用時の注意点も紹介

本ページはプロモーションが含まれています

マンションの売却をスムーズにおこなうためには、価格を正確に見極められる不動産会社選びが重要です。

数ある不動産会社の中で、どこが自分にとって最適な査定をしてくれるのか見極めるのが難しいと悩んでしまう方が多いようです。

そこで今回は、目的にあったマンション査定サイトを見つけられるようにおすすめのサイトを厳選してご紹介します。

各サイトの特徴はもちろん、マンション査定サイトを利用するうえでのメリットやデメリットもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

マンション査定を上手に活用するコツは?

マンションの査定には、机上査定・訪問査定の2種類があり、この2つの査定方法から得られる情報は異なります。

マンション査定を上手に活用するためには、売主の状況にあわせて査定サイトを使い分けることが重要です。

下記では、それぞれのサイトの違いを分かりやすく説明します。

まずは机上査定で大まかな相場を掴む

依頼者自身の自己申告や書類に記載されている情報をもとに、各不動産会社のデータベースなどを参考にしながら査定額を算出します。

机上査定は、担当者がオフィス内で実施可能な査定方法なので、自宅に訪問される心配がありません。

計算の仕組みが整っているため、依頼してすぐに査定額を算出できるため、大まかな相場を把握するためにおすすめの査定方法です。

手軽さが机上査定の最大のメリットですが、訪問査定よりも精度が劣るデメリットがあるため、不動産を売却しようか悩んでいるけど、取り敢えず査定しておきたいという方は利用してみてください。

また、査定の対応をした人がそのまま担当になる可能性が高いため、スタッフの態度が丁寧かどうかもチェックしておきましょう。

マンションに特化した一括査定サイト!

訪問査定を実施し精度の高い相場を知る

担当者が訪問調査を実施し、査定額を算出する訪問査定は、調査の対象に不動産だけでなく、教会や接している道路、周辺環境なども含まれます。

査定の精度は机上査定よりも高く、机上査定では分からない細かい部分までチェックできるメリットがあります。

ただし、一番信頼性のある査定額を算出してくれる一方で、不動産会社から営業の電話が頻繁にかかってくるのがデメリットです。

そのため、マンションを売却すると決めている方で、精度の高い相場を知りたい場合におすすめの査定方法ですが、営業の電話が苦手という方にはおすすめできません。

複数社の査定結果を比較するのがポイント

マンションを売却するためには、複数の不動産会社に査定を依頼し、査定結果を比較するのがポイント。

ただし、数ある中から不動産会社を選び、査定を依頼するのは大変な作業です。そこでおすすめなのが、不動産一括査定サイトです。

査定に必要な項目を入力するだけで、マンションの売買仲介が得意な大手から中小の不動産会社が自動的に複数ピックアップされ、一度に複数の不動産会社に査定を依頼できます。

査定結果を比較することで、より好条件で売却できる不動産会社がわかるため、自分の目的に合った不動産会社が手間をかけず、見つけられます。

仕事が忙しく、なかなか不動産会社まで出かけられないという方におすすめです。

マンション査定におすすめな不動産一括査定サイト8つ

ここでは、マンション査定におすすめの不動産一括査定サイトを8つピックアップしました。

各サービスの対応エリアや利用実績、サービスの特徴などを分かりやすく解説しています。

▽横にスクロール可能です▽

サービス マンションナビ すまいValue HOME4U SUUMO
売却査定
イエウール マンション
マーケット
おうちクラベル IESHIL
(イエシル)
利用者数 500万人以上 77万件以上 1,400万人以上 非公開 月間2万人以上 月間50万人以上 500万人(推定) 150万人
提携社数 2,500店舗 大手6社限定 2,100社以上 2,000社以上 2,000社以上 非公開 複数社 複数社
対応エリア 全国 全国(都心に強い) 全国(エリアによる) 全国 全国(地方にも強い) 全国 全国(エリアによる) 1都3県
同時査定依頼数 9社(売買6社+賃貸3社) 6社 6社 10社
(査定依頼数は各エリアで異なります)
6社 10社 15社 3社
電話相談 × × ×
匿名査定 × × × × × ×

マンションナビ|売却だけでなく賃貸の査定も可能


画像提供元/マンションナビ
利用者数 500万人以上
提携社数 2,500店舗
対応エリア 全国
同時査定依頼数 9社(売買6社+賃貸3社)
電話相談 ×
匿名査定 ×
サービスの特徴 全国のマンション売却に特化している

マンション査定に特化した「マンションナビ」は、マンションの売却に強い2,500店舗の事業所と提携しているところが多くの方に支持されています。

無料で利用可能なAI査定はマンション名を入力するだけで、相場価格はもちろん過去の売買実績までチェック可能です。

売却目的の査定だけでなく、マンション投資を得意とする不動産会社を選んで賃料査定を受けることもできるため、マンションの賃貸経営を検討している方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

また、マンションの売却に特化した一括査定サイトを活用してみたい方にもおすすめですよ。

マンションに特化した一括査定サイト!

すまいValue|実績豊富な大手6社が査定


画像提供元/すまいValue
利用者数 77万件以上
提携社数 大手6社限定
対応エリア 全国(都心に強い)
同時査定依頼数 6社
電話相談
匿名査定 ×
サービスの特徴 他では査定の依頼ができない大手6社と提携

住友不動産販売・東急リバブル・三菱地所ハウスネットなど、業界最大手といわれる6社が運営している「すまいValue」。

大手が運営しているだけあり、トラブルや悩みに対するサポートが充実しています。

さらに、マンションの購入を検討している見込み顧客を多数抱えていることから、早めの売却に期待できるところも人気のポイント。

エリアごとの直近10年のマンション価格の推移をチェックできるため、マンションの売却を決めかねている方におすすめです。

数ある一括査定サイトの中でも、業界最大手に絞って無料査定を受けられるのは「すまいるValue」だけなので、業界トップクラスの大手に査定を依頼したい方は、公式サイトをチェックしてみてください。

安心と実績の大手6社が査定!

HOME4U|無料の電話相談で初心者でも安心


画像提供元/HOME4U
利用者数 1,400万人以上
提携社数 2,100社以上
対応エリア 全国
同時査定依頼数 6社
電話相談
匿名査定 ×
サービスの特徴 NTTグループ運営の安全サイト

2001年に、日本で初めて不動産の一括査定サイトをスタートさせたHOME4U

大手NTTデータグループ運営で高度なセキュリティシステムを導入し、徹底した個人情報の保護に努めています。

電話サポートやコラムも充実していて、初心者でも安心して利用できることから、2023年1月時点で累計50万件以上の査定実績を誇っています。

また、売り出し中のマンション相場をブランドごとにチェックできるため、相場の把握はもちろん、住み替え先の価格調査までまとめてできるのもHOME4Uならではの魅力です。

サイト独自に不動産会社を厳選しているHOME4Uを利用するだけで、査定だけでなく次のステップの売却まで安心して任せられる不動産会社に出会えます。

初めてのマンション売却を成功させたい方も、きっと満足できる結果を選べるはずですよ。

簡単30秒で今すぐ無料査定!

SUUMO売却査定|使いやすさと最大10社の査定が魅力


画像提供元/SUUMO
利用者数
提携社数 2,000社以上
対応エリア 全国
同時査定依頼数 10社(査定依頼数は各エリアで異なります)
電話相談
匿名査定 ×
サービスの特徴 各会社の売却件数を確認して依頼できる

参加店舗数が多く幅広いエリアに対応する不動産サービスのSUUMO売却査定

大手不動産会社だけでなく、地域密着型の不動産会社も参加しているため、自分の目的に合う不動産会社に出会える可能性があります。

また、無料査定にかかる時間はたったの60秒と短く、瞬時に依頼が完了。

過去のマンション売買実績をもとにした価格査定例やお悩み解決コラム等も用意されているので、初めてマンションを売却する方も安心して利用できます。

売却する不動産会社を選ぶ際に、そのエリアでどのくらい売却件数があるのかを表示しているため、売主に寄り添ったサービスを展開しているところがポイント。

地方にも対応していますが、一部エリアには対応していないこともあるため、自分の希望するエリアに対応しているのか、物件情報を入力してチェックしてみてください。

大手不動産ポータルサイトの一括査定!

イエウール|利用者・提携社数ともに業界トップクラス


画像提供元/イエウール
利用者数 月間2万人以上
提携社数 2,000社以上
対応エリア 全国(地方にも強い)
同時査定依頼数 6社
電話相談 ×
匿名査定 ×
サービスの特徴 都市部から地方まで幅広く対応している

提携社数の多さが魅力のイエウール

査定の入力画面がLINE風になっていて、質問に沿って入力・タップ・クリックしていくだけなので、初心者でも手軽に利用できます。

大手をはじめ、全国2,000社以上の不動産会社が参加していることから、エリアカバー率に定評があり、地方の物件も査定してもらえる可能性が高いのが魅力。

最新のエリア別相場や売却価格の推移をチェックできるため、査定前に「いくらで売却可能なのか」、「今が売り時なのか」を調べられるのもうれしいポイントです。

マンションの周辺相場や価格の推移をチェックしたい人や地方のマンションの売却を検討している方におすすめのサイトです。

年間20万円以上のサポート実績!

マンションマーケット|仲介手数料が一律66万円

利用者数 毎月50万人以上
提携社数 非公開
対応エリア 全国
同時査定依頼数 10社
電話相談 ×
匿名査定
サービスの特徴 仲介手数料が定額66万円のスマート売却に注目

不動産査定を依頼するエージェントを比較検討して直接依頼できる「マンションマーケット」。

取扱物件はマンションのみで、依頼前に各エージェントの詳細を把握することができるため安心して依頼できます。

エージェントは大手不動産会社での経験を持つエージェントから地域特化のエージェントまで、さまざまな人材が揃っているところが魅力です。

最大4人の査定価格や相性を比較できるのも、マンションマーケットならではの特徴といえるでしょう。

また、スマート売却が用意されているため、SUUMOや楽待(らくまち)などの大手不動産ポータルサイトに掲載できるほか、仲介手数料が66万円に固定されるプランがあり注目されています。

売却価格が5,000万円の場合105.6万円お得になるため、首都圏にマンションを保有する方や高額物件をお持ちの方におすすめのサービスといえます。

ただし、売却価格が安い物件の場合は、仲介手数料が割高になる可能性があるので注意してください。

スマート売却なら仲介手数料が定額66万円!

おうちクラベル|提携会社の詳細情報が充実


画像提供元/おうちクラベル
利用者数 500万人(推定)
提携社数
対応エリア 全国(エリアによる)
同時査定依頼数 15社
電話相談 ×
匿名査定 ×
サービスの特徴 査定依頼の後にAI査定もできる

東証プライム上場企業であるSREホールディングスが運営する不動産一括サイトが「おうちクラベル」です。

精度の高いAI不動産査定では、提供した物件情報や過去の不動産取引の膨大なデータをもとに、その時点での最低価格と最高価格の目安を算出してくれるため、売却はもちろんマンション投資を検討したい方にも役立ちます。

全国に拠点を持つ大手企業からマンションの取り扱いに特化した中小の企業まで幅広く提携しているところが最大の魅力。

対応エリアに若干の偏りがみられるため、他サイトと併用するのもおすすめです。

質の高いAI査定を気軽に利用したい方や不動産売却のためのお役立ち情報を収集したい方は、公式サイトを覗いてみてください。

不動産会社の査定とAIを駆使!

IESHIL(イエシル)|登録不要のAI査定が簡単で便利


画像提供元/イエシル
利用者数 150万人
提携社数
対応エリア 1都3県
同時査定依頼数 3社
電話相談
匿名査定
サービスの特徴 マンション部屋単位の相場がわかる

マンションの部屋ごとの売却相場を算出するAI査定を利用できる「IESHIL(イエシル)」。

マンションに特化したIESHIL(イエシル)の他サイトとの大きな違いは、一括査定後もサポートしてもらえるところ。

査定を申し込むと、IESHIL(イエシル)に在籍している不動産アドバイザーが専任となり、マンションの売却が成功できるようにしっかりアシストしてくれます。

不動産会社から仲介手数料を受け取らない中立の立場なので、より正確な査定額を算出してくれる可能性が高いのが魅力です。

関東圏のマンションの売却を検討している方や中立的な立場からのアドバイスが欲しい方におすすめの一括査定サイトです。

査定対象は東京・神奈川・千葉・埼玉にあるマンションのみですが、該当するエリアにマンションをお持ちの方は、利用してみてはいかがでしょう。

約9,000万件のビッグデータからマンションの相場価格を算出!

匿名査定におすすめなマンション査定サイトと注意点

下記では、匿名サイトにおすすめのマンション査定サイトを2つ紹介しています。査定だけ受けてみたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

HowMa(ハウマ)


画像提供元/HowMa(ハウマ)
利用者数 非公開
提携社数 30社
対応エリア 東京・神奈川
同時査定依頼数 6社
電話相談
(Web問い合わせ後)
匿名査定
サービスの特徴 査定から売却まで・オンラインで完結

相場を把握するためのツールとしてAI査定サービスを展開している「HowMa(ハウマ)」。

査定から売り出しまでのすべてをネットで完結できるのが最大の魅力です。

また、AI査定後は、最新価格の通知を定期的に受けたり、専門のコンシェルジュにセカンドオピニオンをお願いしたりと、目的に応じたサポートに期待できるところも多くの方に支持されるポイントです。

Myページを作成するために必要な情報はメールアドレスのみで、名前や電話番号を入力する必要がありません。

匿名で利用できるうえ、不動産会社からのオファーを直接受け取れるため、自分の物件の人気度を把握できて便利です。

訪問査定や対面での商談に苦手意識のある場合や精度の高い相場をリアルタイムでチェックしたい方におすすめのサイトです。

無料で匿名のAI査定!査定から売り出しまでネットで完結

10秒でDo


画像提供元/ハウスドゥ
利用者数
提携社数
対応エリア 全国※物件により対象外のエリアがある
同時査定依頼数 1社(ハウスドゥ)
電話相談 ×
匿名査定
サービスの特徴 AIによる査定が約10秒で可能

ハウスドゥ」でおなじみの株式会社And Doホールディングスが運営するAIサイトが「10秒でDo!」。

名前や電話番号、メールアドレスなどの個人情報の入力は必要ですが、後日不動産会社から連絡が来ることはないため匿名査定としての利用が可能です。

また、マンションの間取りや駐車可能台数、土地の形状や接道情報などを入力すると、より精度の高い査定ができるのも「10秒でDo!」の特徴です。

スマホアプリにも対応しているため、10秒程度でサクッと大まかな査定価格を知りたい方におすすめです。

物件や査定結果に関する問い合わせなどの便利機能を利用したい場合は、アプリをダウンロードしてみてください。

無料で簡単AI査定!約10秒でサクッと査定結果がわかる

匿名査定の注意点

主に、過去の成約事例をもとにAIで不動産査定を行った結果が算出される匿名査定。

AIが自動で計算するため、すぐに査定結果がわかる手軽さが魅力です。

査定価格を瞬時に得られることから、おおよその価格を知りたいときにピッタリですが、判断材料が少ないので、ほかの査定方法に比べ精度が低い傾向があります。

また、物件を見て査定するわけではないため、現在の状況が加味されません。

似たようなスペックのマンションでも、室内の損傷が激しい場合は査定額が下がり、状態が良ければ、査定額アップすることがあります。

匿名査定の場合、このような状況を踏まえ「3,500~4,000万円」と幅を持たせて提示することが多いようです。

また、Web上で簡単に査定の依頼ができる一方で、査定結果に疑問や悩みが生じた場合、不動産会社に相談できないというデメリットもあります。

さらに、マンション売却を目的として査定を行うと、匿名だけでは売却の手続きへ進むことができません。

匿名査定後にマンションの売却を決めた場合は、自分で不動産会社にコンタクトをとって改めて査定を依頼することになり、二度手間になります。

そのため、すでにマンションの売却を決めている方は、匿名査定ではなくよりスピーディーに売却活動が進むおすすめの不動産一括査定サイトを利用しましょう。

自分に合ったマンション査定サイトの選び方

数ある一括査定サイトのなかから、自分の目的に合うマンション査定サイトを選ぶために着目したいポイントを3つまとめています。

対応エリア

公式サイトに「全国対応」と記載されていても、実際は地方に提携会社が少なかったり、エリアによっては他サイトに委託している場合もあるようです。

希望エリアの事情に精通している不動産会社が参画していなければ、売却できたとしても理想の価格で取引できない可能性があります。

そのため、一括査定サイトを選ぶ場合は、全国のなかでも具体的にどのエリアを得意としているのかに着目することが重要です。

サイトの使いやすさ

不動産の売却は、人生の中でも大きな決断の1つです。

多くの方にとって慣れないうえに、専門知識を必要とする手続きの連続に疲弊してしまうことが多々あります。

また、売却から販売まで同じサイトでおこなっている場合は、買い手も同じサイトで探すことになるため、サイトの使いやすさは意外に重要なポイントです。

そのため、マンションの売却に関するサポート窓口や信頼性のあるコンテンツが充実したサイトを選ぶようにしましょう。

サイトの充実度により、運営会社がユーザー目線でサービスを提供しているのかをチェックできますよ。

運営会社の実績

戸建てや土地に比べてニーズが偏るため、マンションの査定に特化したサイトを選ぶのがおすすめです。

マンションの査定実績が豊富ということは、マンションの売却が得意な不動産会社と数多く提携しているので、売却活動をスムーズに行えるうえ高額売却に期待できます。

マンション査定サイトで一括査定するメリット

マンションの売却を検討している場合、まず初めにおこなうのが不動産会社による査定です。

マンションの査定では複数の不動産会社に査定してもらうのが重要ですが、1社ずつ依頼すると手間がかかってしまいます。

そんなときに便利なのが、不動産一括査定です。

ここでは、マンション査定サイトで一括査定するメリットを解説します。

無料で手軽に複数社への査定依頼ができる

不動産一括査定サイトのサービスは、無料で必要な情報を得られるポータルサイトとして、マンション査定に欠かせないサービスといえます。

ただし、初めて利用する方のなかには「本当に査定サイトが無料で使えるの?」と思う方も多いようです。

実は、一括査定サイトの運営者は、提携会社から登録料などを得てサイトを運営しているため、ユーザーに利用料を請求する必要がありません。

また、売却目的の査定は不動産会社にとって営業の一環となるため無料で提供されるのが一般的です。

不動産会社にとっては売買成立後に発生する仲介手数料がメインの収益源となるので、訪問査定を受けたり、膨大な資料をもらったりしても、契約に至るまでは査定料が発生することはありません。

目的に合った不動産会社が見つかりやすい

初めてマンションを売却する方にとって、数ある不動産会社の中から自分に最適な会社を見つけるのは至難の業。

ところが、不動産一括査定サイトを活用すると、必要事項を一度入力するだけで条件に合う不動産会社を瞬時にリストアップしてくれるので、不動産会社探しの手間を大幅に軽減できます。

一括査定サイトを利用しないで、自分で不動産屋さんを探すとなると膨大な時間を要することはもちろん、他店との比較もしづらいというデメリットがあります。

さらに、不動産屋さんを直接訪問した場合などは、直接断りにくい状況になってしまうこともあるようです。

そういった不安を取り除けて、スムーズに査定を受けられるのが不動産一括サイトのメリットといえます。

担当者の比較がしやすい

マンションを売却する際は、不動産会社同様に担当者との相性も重要です。

不動産一括査定サイトを利用すると、複数の担当者と同時進行でやり取りするため、担当者との相性を比較しやすいというメリットがあります。

マンションの販売には時間を要するため、自分と相性が良く信頼できる担当者と出会えれば、ストレスなく売却活動を進められます。

マンション査定サイトで一括査定するデメリット

一括査定には数多くのメリットがありますが、デメリットもあるので、一括査定を利用する前にチェックしておきましょう。

一括査定サイトが提携している会社にしか依頼できない

一括査定を利用した際に依頼できる不動産会社は、サイトの運営会社と提携している会社のみが対象です。

利用する一括査定サイトにより依頼できる不動産会社の数が異なりますが、考え方によっては、売却に強い不動産会社を厳選しているということになります。

査定を依頼する目的は、相性の良い不動産会社を探すことなので、最初から候補の不動産会社が絞られていた方が、効率よく探せる可能性が高いともいえます。

地域によっては査定に対応してもらえない場合がある

査定を依頼するエリアによっては、一括査定サービスの対象外の可能性があります。

人口減少により、地価が下落しているエリアは、不動産売却を積極的におこなっていないケースもあるため注意が必要です。

希望するエリアが一括査定サービスのエリア対象外になっている場合は、個人で地域密着型の不動産会社に査定を依頼するようにしましょう。

査定で出た価格で売れるとは限らない

マンションの状態や過去の取引事例をもとに算出された査定額は、マンションが売却できそうな価格のことを指します。

車などを売却する際に受ける査定は「買取価格」ですが、不動産売却の査定額は、あくまでも「売れそうな価格」のため、査定額で売却できるとは限りません。

マンションが売却されるまでには「内見」「売買契約」「住宅ローンの審査」「決済」などの流れで売却に至るのが一般的です。

また、不動産会社が直接購入する「買取」という売却方法もありますが、買取の場合は仲介価格よりもさらに安くなってしまう傾向があります。

マンション査定サイトを利用する際の注意点

ここでは、マンションの査定サイトを利用する前に注意しておきたいポイントを3つまとめています。

スムーズにマンション査定をおこなうためにも、事前にチェックしておきましょう。

電話勧誘があることを割り切って使う必要がある

不動産一括査定サイトを利用すると、不動産会社から営業の電話がかかってくることがありますが、必要がなければ応じる必要はありません。

ただし、断り切れずに流れのままに不動産会社を選んでしまうと、損をする可能性があるので注意してください。

まや、断ってもしつこく営業の電話がかかってくる場合は、サイトの問い合わせ窓口に相談し、迷惑していることをはっきり伝えるようにしましょう。

査定のみの利用は冷やかしに受け取られる場合も

売却活動をせず、マンションの査定だけを依頼することは可能です。

ただし、不動産会社に査定を申し込む段階で、いきなり「査定だけ」という意思を不動産会社に示さないようにしましょう。

基本的に、不動産会社は無料で査定サービスを実施していますが、査定結果を出すまでに「類似物件の過去の取引事例を確認」「マンションの売却市況を確認し、査定価格に反映させる」などの業務をおこないます。

なぜ、これらの業務を無料でおこないマンションの査定結果を算出しているのかというと、将来的にお客さんになる可能性があるからです。

最初から「査定だけ」しか受けませんという意思を不動産会社に示してしまうと、冷やかしに受け取られる可能性があります。

あくまでも、最初から売却しないという意思を固めすぎずに、査定を依頼するように心がけましょう。

AI査定や匿名査定は便利だが査定の精度は期待できない

類似の不動産売買の実績データを中心に査定を実施することから、査定結果の精度が低いというデメリットがあります。

類似物件は過去の売却価格なので、売主が売却したいと思っている時期の相場と異なる場合があります。

また、所有する物件の設備の劣化や周辺状況など、細かい状況は考慮されないことから、正確な査定額を算出することはできません。

査定結果の制度が低いと算出した価格では売却が成立しなかったり、相場の不動産価格よりも安く売却してしまったりすることがあるので、本格的に売却を検討するならば、現地調査による訪問査定をおこなう必要があります。

まとめ

マンションを売却する際に、不動産一括査定サイトを活用すると不動産会社を探す手間が省けるだけでなく、複数のサイトで査定してもらうことで査定額を比較できるメリットがあります。

売却活動をスムーズにおこなうためにも、対応エリアや提携している不動産会社数、サービスの特徴などを比較して、利用する不動産一括サイトを選ぶようにしましょう。

マンションに特化した一括査定サイト!

目次