未来地図情報(2018年10月号)

自社で地図データを整備しているインクリメントPでは、最新の地図をいち早くお届けするために、現在の情報だけでなく、未来の情報も先行して収集しています。
その中から、近い将来実施される地図の変化情報をピックアップしてお伝えします。

施設

湯本豪一記念 日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)

江戸時代中期に描かれた妖怪にまつわる物語『稲生物怪録(いのうもののけろく)』の舞台となった広島県三次市にて、「湯本豪一記念 日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)」が整備中です。平成31年春の開館予定。三次市内に残る絵巻や、妖怪コレクターで民俗学者の湯本豪一のコレクションが展示されます。



天塩川サンルダム

北海道上川郡にて、「天塩川サンルダム」が2019年度の共用に向けて整備が進められています。ダム湖の周辺の景観を悪化させないために水に強い植物を植えたり、サクラマスの遡上に配慮して魚道を設置したりと、環境への影響を最小限に抑えるよう取り組んでいます。




 

その他の未来地図情報は「MapFan」から見ることもできます。

MapFan住まい探し×未来地図