未来地図情報(2018年5月号)

自社で地図データを整備しているインクリメントPでは、最新の地図をいち早くお届けするために、現在の情報だけでなく、未来の情報も先行して収集しています。
その中から、近い将来実施される地図の変化情報をピックアップしてお伝えします。

施設

神戸新開地・喜楽館

「神戸新開地・喜楽館」が7月11日にオープン予定です。兵庫県神戸市の新開地は、戦前から昭和の半ばまで、芝居小屋や映画館、飲食店などが立ち並ぶ繁華街として、神戸の中心として賑わっていました。「神戸新開地・喜楽館」のような演芸を日々楽しむことができる施設ができるのは、神戸松竹座が1976年に閉館して以来とのこと。落語の他にも、ジャズのライブ、クラシック音楽のコンサートなど幅広いジャンルでの利用が期待されています。


→地図

兵庫県・神戸市の新しい文化・伝統芸能の拠点、神戸新開地・喜楽館の公式サイトです

ダムサイト記念公園

福岡県筑紫郡の五ケ山(ごかやま)ダム周辺で、「水と緑の調和の中で 人々がつどい ふれあう」というコンセプトのもと公園等の整備が進められています。建築中の「(仮)ダムサイト記念公園」では、ダム湖の眺望を活かした憩いの場や芝生広場、五ケ山の集落(古民家風)をイメージした飲食店などができる予定です。近くにはキャンプやピクニックができる「桑河内ふれあい公園」もあり、完成すれば五ケ山の観光拠点となります。オープンは8月頃の予定です。


→地図

 

その他の未来地図情報は「MapFan」から見ることもできます。

MapFan住まい探し×未来地図